西荻窪発、本に関するイベントを毎月開催!当サイトのURL⇒http://neko2.net/nbm
カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
RECOMMENDメニューを閉じる
にょっ記
にょっ記 (JUGEMレビュー »)
穂村 弘
5月 第1回イベント 第2部
穂村弘トークショー「夜中の本屋でとろけることなど」 
RECOMMENDメニューを閉じる
古本屋の女房
古本屋の女房 (JUGEMレビュー »)
田中 栞
5月 第1回イベント 第1部
田中栞ワークショップ『本を作る?和本と洋本』 

RECOMMENDメニューを閉じる
宇宙船レッドドワーフ号 DVD-BOX[日本版]
宇宙船レッドドワーフ号 DVD-BOX[日本版] (JUGEMレビュー »)

私の青春そのものです。最近再販したので、やっと全巻そろえることが可能に!映画化の噂はいずこに…。
RECENT COMMENTSメニューを閉じる
  • 第27回西荻ブックマーク「そこのみにて光り輝く 佐藤泰志の小説世界」
    パンダ (11/19)
  • 第27回西荻ブックマーク「そこのみにて光り輝く 佐藤泰志の小説世界」
    音羽館 (11/19)
  • 第27回西荻ブックマーク「そこのみにて光り輝く 佐藤泰志の小説世界」
    パンダ子 (11/18)
  • 第14回西荻ブックマーク:中止のお知らせ
    スタッフ斉木 (09/10)
  • 第14回西荻ブックマーク:中止のお知らせ
    masa (07/29)
  • しをんのしおり〜出張版 感想 リンク集
    木村カナ (10/27)
  • しをんのしおり〜出張版 感想 リンク集
    ちょく (10/27)
  • しをんのしおり〜出張版 感想 リンク集
    木村カナ (10/27)
  • しをんのしおり〜出張版 感想 リンク集
    Ley. (10/27)
  • 第2回西荻ブックマーク
    史 (06/16)
PROFILEメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
西荻ブックマークサイト移転
西荻ブックマーク(nbm)のホームページは下記URLへ移転しました。
http://nishiogi-bookmark.org/
お知らせ | 14:01 | comments(0) | -
第31回西荻ブックマーク、満員御礼となりました!
明日の第31回西荻ブックマーク、
ご予約が定員に達しましたので、ご予約の受付を締め切らせていただきます。
たくさんのご予約をどうもありがとうございました。

第31回西荻ブックマーク | 12:22 | comments(0) | -
第31回西荻ブックマーク!
この写真がすごい 2009年4月19日(日)

第31回西荻ブックマーク
「すごい写真」を語る


出演:大竹昭子

会場:スタジオマーレ
開場16:30/開演17:00
料金:1500円(会場でお支払い下さい)

撮影者のプロ・アマを問わず、大竹昭子さんが「すごい」と感じた写真100枚を選び、それぞれに短文を付けた『この写真がすごい2008』(朝日出版社)。大きな話題を呼んだ同書の2009年度版刊行を前に、収録候補作の紹介などをまじえつつ、写真の不思議さ、面白さについて語っていただきます。

大竹昭子(おおたけ・あきこ)
1950年東京生まれ。作家。執筆活動のほかにも、トークと朗読の会「カタリココ」を開催するなど、多方面で活躍中。著書に『眼の狩人』(ちくま文庫)、『図鑑少年』(小学館)など多数。
 
第31回西荻ブックマーク | 06:33 | comments(0) | -
第30回西荻ブックマークのお知らせ
西荻ブックマーク 第30回 3月15日(日)

ダークサイド・オブ・ザ・探偵小説 昭和20年代編
−雑誌「妖奇」をめぐって−


-----------------------------------------
会場 スタジオマーレ 杉並区松庵3-41-1
開場 16:30/開演17:00
料金 1500円(会場でお支払い下さい)
---------------------------------------------

山前譲
1956年北海道生まれ。推理小説評論家、アンソロジスト。
文庫解説や書誌研究著作も多数。
2003年に「幻影の蔵」にて第56回日本推理作家協会賞評論その他の部門を受賞

------------------------------------------------------------------
昭和20年8月15日の終戦後、探偵小説は復活する。その象徴的作品は翌年の『宝石』に連載された横溝正史「本陣殺人事件」だが、戦前派作家よりも、山田風太郎、島田一男、香山滋、高木彬光ら新人の登場が華々しい。また、センカ紙本で探偵小説が次々と刊行され、無名作家の怪作が乱舞した。だが、出版不況であっという間に、怪しげな新人は消え去っていく。そして昭和30年代初頭、推理小説ブームが訪れ、探偵小説は過去のものとなる。

そんな昭和20年代の荒波のなかでどっこいしぶとく生き残っていたのが、『妖奇』作家だ。昭和22年に創刊され、当時の探偵雑誌が『宝石』以外、次々と廃刊となる中で、『妖奇』は昭和28年までちゃんと月刊で刊行された。最初は名作再録が中心だったが、やがて無名作家のとんでもない作品が紙面を飾っていく。

尾久木弾歩、香山風太郎、華村タマ子、東禅寺明、覆面作家・・・・・・まさに怪しく奇怪な探偵小説満載の雑誌から、探偵小説界のダークサイドを垣間見る。


ご予約受付中!


- | 22:06 | comments(0) | -
第29回「活版と現代デザイン」にご参加ありがとうございました!
1月18日(日)「活版と現代デザイン」に沢山の方に
ご来場いただきまして本当にありがとうございました。

当日は国内外での印刷機の映像・画像資料をはじめ、活版印刷の
印刷風景などもご紹介しながらの盛りだくさんの内容となりました。

活版について初心者の方、お仕事で慣れ親しんでいる方、それぞれに
発見のある幅広いお話をご紹介できたイベントになったかと思います。

また追って当日の様子など紹介いたします。

平川さんも、当日のプレゼントカードのご用意までしていただき
ありがとごうございました!!

またの関連イベントをお楽しみに!!

原田
- | 23:51 | comments(0) | -
第29回 西荻ブックマーク 「活版と現代デザイン」 ご予約締め切りました
次回の西荻ブックマーク2009年1月18日(日)
「活版と現代デザイン」 トークショーに沢山のご予約
本当にありがとうございました!

本日定員に達したため、ご予約を締め切りました。
キャンセル待ちでの参加予約をご希望の方は予約フォーム
よりその旨をお書き添えの上ご予約ください。

トークをされる平川さんより、なんと今回は参加のお客様へ
特別プレゼントを用意されているとの事・・・
内容は、当日のお楽しみに♪

それではご予約の皆様、イベント当日スタジオマーレにてお待ちしています。

原田
第29回 | 00:39 | comments(0) | -
第29回NBMは「活版と現代デザイン」です!
今年も、西荻ブックマークでは様々なジャンルの本にまつわるイベントを開催することが出来ました。
ご参加いただいたお客様をはじめ、ご協力頂いた関係者の皆様、
本当にありがとうございました。

次回の西荻ブックマークは2009年1月18日(日)
「活版と現代デザイン」 トークショーです!!

印刷の原点である活版印刷が、今デザイナー
を中心に見直されていることをご存知ですか?
昔からの活版印刷技術の背景と、現代のデザイン
の中での使われ方を紹介します。実作業や道具
など、写真や映像も交えてお話します。

たとえば、こんなお話です・・・
−日本と西洋ではどうちがう?
−パソコンでの組版とはどうちがう?
−いろいろな活版の手法とは?
−活版でデザインって?

お話する人:平川珠希 art director/graphic designer
荻窪にあるデザインと活版のアトリエLUFTKAZE(ルフトカッツェ)
主宰。活版を含めたオリジナル商品のデザイン商品の開発と
グラフィックワークを行う。ワークショップや活版を伝える活動
なども行っている。
http://luftkatze.com

会場 スタジオマーレ 杉並区松庵3−41−1
開場 16:30/ 開演 17:00
料金 1500円(会場でお支払いください)

【ご予約・連絡先】 ご予約受付中!
mail:nbookmark@gmail.com
fax:03-6762-9100 (西荻コム)
tel:03-5382-1587 (音羽館)
http://neko2.net/nbm

サイトの予約フォームからご予約をお願いします。

原田
第29回 | 19:06 | comments(0) | -
第28回終了いたしました。
 今年のはじめから、超短編のみなさんと打ち合わせをはじめていた、このイベントも、幾多の困難を乗り越えて、年の瀬も間近なこの季節に、いよいよ実現のときを迎えることとなりました。

 一年の締めくくりにふさわしいにぎやかなイベントになったと思っています。

 年末のあわただしく、寒い上に天候もすぐれないなか、お越しいただいたみなさまには心から感謝しております。

 以下、イベントレポをピックアップしてお送りします。


 物販会場では、『超短編の世界』ほか、ゲストの佐藤弓生さんの歌集、超短編作家さんによる手作り感あふれる豆本や、特製本が売られています。



 第一部のトークショー。
 超短編のタカスギシンタロさん、松本楽志さんと本日のゲストの佐藤弓生さんの超短編とはなにか、のトーク。
 稲垣足穂をはじめとして、文献も紹介されます。
 3人とも書き手であり、書き手としての超短編作品という切り口でのトークが長く展開されました。


 タカスギさんの、冗談ともなんともつかない、どこかとぼけた味わいのびっくり発言が、会場に笑いの渦を発生させたりしました。
「超短編はまだ、発展途上である」という趣旨の発言がたいへん心強いものに感じられました。

 佐藤弓生さんは、先の日本ホラー小説大賞短編部門を受賞された田辺青蛙氏『生き屏風』収録の「猫雪」にも言及されていました。

 そんなこんなで、あっというまの45分。

 第二部は、超短編作家による単独朗読会。
 トップバッターは実績ある実力派、五十嵐彪太さん。
 落ちついた安定感の朗読で、文字通り異世界(足の裏)へといざなってくれます。

 続く、マンジュさんこと圓眞美さんのしっとりボイスの朗読は、包みこんでくる優しさで、この空間に身をゆだねられる幸せを実感させてくれます。


 世界の豆本作家、赤井都さんは、テーブル台に手製の豆本をおいての朗読。前説がすでに作品世界の朗読であるようで、聞く人を不思議な世界へと連れて行ってくれます。



 松本楽志さんは、男性パートならではの勇姿で朗読。一部のトークショーでもあったように、500文字と800文字作品の長さの違いを実証してくれます。西荻にちなんだ作品も朗読。

 やまなかしほさんは、本を手に、絵になる立ち姿で、安定感のある朗読。この日の天候にあった朗読作品でした。



 佐藤弓生さんは、高階杞一さんの作品を朗読。ご自身の作品も朗読されます。このあでやかな立ち姿をとくとごらんあれ。会場では、このたぐいまれなき才能が存在感を放ちつつ、燦然と輝いておりました。



 タカスギシンタロさんは、イケメンのベーシスト、シライシケンさんの伴奏ありで朗読。会場のみなさんにそれぞれのこころのなかでおみくじをひいてもらうパフォーマンスとともに、超短編作品が読まれます。タカスギさんのなんともとぼけたような独特な味わいの声と語りが作品の雰囲気をかもしてくれます。最後は文字通り、花開くようなあでやかな演出で、まさしく有終の美を飾ってくださいました。



 さて、つづいて、公募した、山下昇平画伯の手首オブジェをモチーフにした超短編の大賞受賞作、および個人賞、佳作作品の発表です。
 展示されていた、山下さんオリジナルのトロフィーは会場内においても、異彩を放っておりました。


 タカスギさん、松本さん、佐藤弓生さん、迫水由季さん、山下昇平さんが舞台へと。
 この場で授与もおこなわれます。

大賞
「タモドキの恋」ハカウチマリ
佳作
「夜想曲炎上」はやみかつとし
「消灯」砂場
迫水由紀賞
「秋の指」岸野那美
山下昇平賞
「夜をひさぐ」金子みづは
佐藤弓生賞
「燭手の一族」中島晴

 よりくわしい、結果発表(選評もあり)はこちらを参照。


 この場にいらしたのは、はやみかつとしさん、金子みづはさん、中島晴さんの3名でした。
 中島晴さんは佐藤弓生さんからじかにトロフィーを授与されました。


 そのあとは選考の過程から、入選は果たせなかったけれども、印象に残った作品が、選考に携わったみなさんから、語られます。

 いよいよ、終演も間近、最後にcafe凛堂の迫水由季さんから、以下の作品が朗読されました。

大賞
「タモドキの恋」ハカウチマリ
佐藤弓生賞
「燭手の一族」中島晴
迫水由紀賞
「秋の指」岸野那美

 夜の帳が降りた西荻の不思議な空間にて、迫水さんの凛とした声とたたずまいによる朗読が響きわたります。場の締めにふさわしき光景。

 これにて、すべての演目が無事終了。
 ありがとうございます。みなさんのおかげで大盛会でした。

 このあとの2次会では60名以上ではないかと思われるほどの大宴会になりました。
 宴の場は混沌としていて、熱気もさめやらぬ興奮ぶりでした。

 超短編の書き手から、歌人さん、詩人さん、長編作品を手がける方まで、多くのひとの交流が生まれ、参加されたみなさんにとっても、得るものが多い忘れられない会になったのではないか、と自負しております。

 みなさん、本当にありがとうございました。

スタッフ:添田
第28回西荻ブックマーク | 16:00 | comments(0) | -
第28回超短編の世界予約まだ間に合います!!
スタッフの小野塚です。
12月14日開催の第28回西荻ブックマーク「超短編の世界」、
まだお席に余裕がございます。
迷っている方いらっしゃいましたら、ぜひ、ご予約ください。

当日は、山下昇平さんの作成されたトロフィーの授与式、
迫水さんや超短編作家の朗読もあります。
応募作品のテキストも配布予定です。
物販では、関連書籍はもちろん、なかなか入手できない豆本などが販売されます。
西荻発ミニコミ誌「別腹」6号も販売予定です。穂村さん、ブルボン小林さん等の
贅沢な寄稿者も魅力です。
- | 21:10 | comments(0) | -
第27回終了しました。
第27回西荻ブックマーク「そこのみにて光り輝く 〜佐藤泰志の小説世界〜」が終了しました。

大変遅まきながら、ご来場いただいた皆様に心よりお礼を申し上げます。

スタッフの立場から、今回は場の力というものについて考えさせられました。といいますのも今回は、ホストが観客に向かって話をするいつもの形ではなく、来場者がおのおのの言葉で佐藤泰志を惜しみ、その作品の魅力を語り合うという場になっていたからです。35名でいっぱいの小さな部屋の中で、編集者・朗読者・近親者そして読者の方々が、それぞれの席から語る自分だけの佐藤泰志体験。イベントとして思い出深いものにしたいという、来場者自身の気持ちがあの場所を成立させました。佐藤泰志の姿と精神は、語る皆さんの肉体を通して実体をもって立ち上がり、場を共有した来場者に確かに分かち合われたように感じました。
その場所をもっと広げることができたのか、その意義をもっと高めることができたのかは、スタッフの力量の問題で、今後の課題としなければなりません。

文さん・岡崎さん、急遽朗読役を引き受けてくださり、スタイリッシュな語りを聞かせてくれた鈴木弘秋氏(文学座)にも感謝申し上げます。

スタッフ:奥園
第27回西荻ブックマーク | 21:24 | comments(0) | -
paperboy&co.
無料ブログ作成サービス JUGEM
qrcode